So-net無料ブログ作成
検索選択

天神落語まつり [落語]

11月3、4日。福岡・天神では「天神落語まつり」がありました^^。
笑点でおなじみの三遊亭 楽太郎さんがプロデュースされたそうです(^-^)。
福銀本店大ホール・イムズホールなどで行われました。
メンバーもとっても豪華ですよ
私は落語大好きなので、知り合いの方が初日の「招福寄席」へ招待してくださいました。

久しぶりに生で聞く落語^^。ワクワクドキドキ^^。
お囃子が聴こえてくると血が騒いできます。

続きを読む


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:演劇

大好きなお江戸文化(落語) その1  [落語]

初めて書きますが、実は私、落語好きです。
18歳の時、受験で初めて東京へ行きました。
その時、ずっと憧れだった浅草に宿泊
ぶらぶらと歩いていると、
「浅草演芸ホール」の前を通ってしまったのです!!
賑やかな“のぼり”がはためいています。
その雰囲気は一瞬にして私を捕らえました(゜〇゜)!1度通り過ぎたのですが、
再び戻りました。これが落語と私の出会いです。運命の出会い?!

チケットを購入し、中へ入ればそこは古き良き温かな昭和の世界でした。
落語、漫才、マジック、紙きり、色物・・・・・・・・。
次々と本物の芸が見られるのです(^-^)そして、お囃子がなんといっても最高です♪♪
粋で心踊ります♪

あれから7年。
今だに、浅草演芸ホールや新宿の末広亭は、東京へ行く際の楽しみの1つです。
少しづつ、落語のCDも少しづつ増えました。
1番好きなのは、古今亭 志ん朝さんです。


志ん朝復活-色は匂へと散りぬるを は「酢豆腐」「鰻の幣間」
  
色香があって、粋な語り口はなんともいえません。
結局、社会人になってお金も出来て、東京へ観に行けるぞ!!って時に他界されてしまいました。
とってもショックでした。
このCDは、その中でもお気に入りなのです♪
落語には沢山、江戸の長屋の暮らし、食べ物・・・などを題材にしたお話があります。
人間臭さ、人情話などなどとっても楽しいですよ。

志ん朝の落語〈2〉情はひとの…

座布団の上で、たった1人で何役もこなし、道具は手ぬぐいと扇子のみ。
時に手ぬぐいは、お財布にもなり、紙にもなり・・・。
時に扇子は、煙管になったり、お箸になったり、鉛筆になったり・・・。
シンプルな高座の上で繰り広げられる磨き抜かれた芸を観ると、本当に幸せです♪
たった1人で何もない舞台なのに、そこには江戸の町が現れたり、茄子売りが通ったり、
美味しそうなお蕎麦が登場したり、夜になったり昼になったり・・・・・・。
想像力がどんどん広がって、まるで江戸にタイムスリップしたような気になっちゃうんですよねー
落語家さんの着物や、手ぬぐい、扇子も見所があります。(良いものを着てる方に限りますが・・・)

若い人は私だけだったりする日もありますが。
日本に生まれて本当に幸せです。こういう文化大切にしたいなぁ。
若い人にももっと落語の良さ、広まるといいなぁ。

落語の話をすると、止まらなくなりそうなので今日はこの辺で・・・・。

ではでは、お後がよろしいようで・・・(^-^)



nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(200) 
共通テーマ:演劇

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。